製品情報

PRODUCTS

目的や条件に見合った製品選定、及びそれに伴う設計計画によってNBリニアシステムは100%性能を発揮します。
製品導入の際は、以下の技術情報を是非ご参照ください。

ローラーガイド EXRAIL

ローラーガイド EXRAIL

ローラーガイドEXRAILは転動体にニードルローラーを採用し高剛性、高運動精度、高減衰性を実現した新時代の直線運動軸受です。精密工作機械をはじめとする重荷重・精密駆動用途に幅広く対応します。

スライドガイド

スライドガイド

スライドガイドは、転動体の転がり運動を応用した高精度・高剛性の直線運動用軸受けです。摩擦係数が小さい、スティックスリップがない、高負荷時においてもスムースな運動が得られる等、多くの利点を備えています。また、高効率・高機能が長期にわたり維持できるため、一般産業機械から超精密機械にいたる広範囲なニーズに対応出来ます。

ボールスプライン・ボールねじスプライン

ボールスプライン・ボールねじスプライン

鋼球が転走溝上を転がる機構のボールスプラインは、ラジアル荷重とトルクを同時に負荷できます。また、ロータリーボールスプラインは直線運動と回転運動を同時に行える新機構で、スカラ形ロボットや組立機の立軸、ローダーなどに活用されています。

スライドブッシュ・スライドユニット

スライドブッシュ・スライドユニット

シンプルな機構で低摩擦の直線運動が得られるスライドブッシュは、今や産業界のあらゆる分野で活用されており、最も多くのお客さまに支持されている【直動のスタンダードパーツ】です。また、その他のブッシュシリーズとして、直線運動に回転運動をプラスしたストロークブッシュやスライドロータリーブッシュなどの豊富なバリエーションを取り揃えており、お客さまの様々なニーズにお応えしています。

トップボール

トップボール

NBトップボールはボールの転がり運動を利用した直線運動機構です。従来品に無い自動調心性を備えておりFA機器・工作機・電気装置・光学機器・計測機器など多肢にわたって使用されています。

ストロークブッシュ・スライドロータリーブッシュ

ストロークブッシュ・スライドロータリーブッシュ

直線運動案内だけでなく、直線+回転運動案内も可能なNBストロークブッシュ・スライドロータリーブッシュ。
豊富なバリエーションでさまざまな使用状況に応じて使い分け頂けます。

スピンドルシャフト

スピンドルシャフト

NBスピンドルシャフトは長年の加工技術の蓄積と充実の加工設備でお客様のご要望にお応えします。

シャフト・シャフトサポーター

シャフト・シャフトサポーター

NBスライドシャフトはスライドブッシュと組み合わせて使用する丸軸です。高度な加工技術、焼入れ技術により高品質な製品をご提供致します。

スライドウェイ・ゴニオウェイ

スライドウェイ・ゴニオウェイ

精密ローラーを使用した非循環方式の直線運動軸受であるスライドウェイは、高精度かつ最小の摩擦係数を実現し、メカトロニクスの最先端分野の構成部品として高い効果を発揮しています。また、テーブルとベッドの間にスライドウェイを組込んだスライドテーブルや、スライドウェイを曲線形状に標準化したゴニオウェイなど、バリエーションも豊富です。

アクチュエータ

アクチュエータ

U字形状のガイドレールを採用し、内側にガイドブロックとボールねじナットの機能を併せ持つスライドブロックを配置したことで、従来の位置決めテーブルと比較して大幅なスペースの削減を可能にします。

ポジショニングテーブル

ポジショニングテーブル

NBポジショニングテーブルは、高速・高精度に対応したパルスモータ駆動方式の汎用形精密位置決めテーブルです。案内にNBスライドウェイ(NCT形)、NBスライドユニット(NSL形)、NBスライドガイド(NPT形、NBL形、NBN形)を用い、伝達機構には精密ボールねじを使用し、高速から低速にいたるまで安定した精度が得られます。また、標準仕様の他にメカトロニクスをはじめ広範囲な用途の中で、スペースや装置、スペック等に合わせた特殊仕様にも対応いたします。

スライドスクリュー

スライドスクリュー

NBスライドスクリューはラジアルボールベアリングと軸の摩擦を効果的に利用して回転運動を直線運動に変換するユニークな駆動装置です。単純な機構のため、メンテナンスが容易で取付も簡単です。正確な位置決めの追求は困難と思われますが、スライドスクリューの持っている特性を十分に生かすことにより、各種装置の搬送部に利用できます。

お問い合わせ

Contact

お電話からのお問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

製品やシステムの導入、価格、納期については最寄りの支店までお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

WEBサイトからのお問い合わせはこちらのページからお問い合わせください。